メニューを飛ばして本文へ進む

放課後等デイサービス カリタス翼とは

放課後デイサービスカリタス翼は、主に発達につまずきや遅れのある小学生から高校生を対象に、放課後や長期休み中に、将来の自立に向けた指導を行うと同時に、その子がその子らしく過ごせる居場所を提供します。

写真:外観
■事 業 所 名
: 放課後等デイサービス カリタス翼
■サービス種別
: 放課後等デイサービス
■事業所番号
: 1350500052
■指定年月日
: 平成25年4月1日(放課後等デイサービスとして文京区第一号)
■場   所
: 〒113-0021 東京都文京区本駒込5-4-4 カトリック本郷教会信徒会館4階
(JR山手線・南北線 駒込駅から徒歩7分)※送迎は行っておりません。
■定   員
: 1日10名
■利用者負担額
: 児童福祉法に定められる利用者負担額。詳しくはお問い合わせください。
■営 業 日
: 月曜日~金曜日
■営 業 時 間
: 10:00~19:00(長期休暇中:9:00〜18:00)
■サービス提供時間
: 14:30~18:30(長期休暇中:10:00〜17:00)
■休 業 日
: 土日、国民の祝日及び12月27日~1月6日まで

ご利用の流れ

電話かメールでお問い合わせ下さい。

カリタス翼電話番号03-3943-1727

(受付担当:向井 受付時間:月曜日~金曜日 (祝日除く)10:00~19:00)
※サービス提供中は電話にでることができません。折り返しお電話しますので、連絡先を留守番に入れていただくか、メールでご連絡下さい。

MAIL
メールは
こちらへ

面談・見学

まずは面談日時をご予約下さい。面談ではカリタス翼の理念と方針についてご説明いたします。
カリタス翼の理念と方針をご理解いただいてから、空き状況、ご要望、利用希望日数等ご相談下さい。

利用申請

ご希望日程通りにご利用可能であることが確認されてから、
お住まいの区の障害者福祉課へ放課後等デイサービスの利用申請を行って下さい。

受給者証の発行

カリタス翼と個別に利用契約

支援計画作成

利用開始

スタッフ紹介

写真:小宇佐 敬二

施設長 常務理事

小宇佐 敬二

「カリタス翼」という施設名は、岡田武夫理事長の座右の銘であるイザヤ書40章31節「主に望みを置く人は新たな力を得 鷲のように翼を張って上る。」からの引用です。神に信頼し、雄々しく羽ばたく鷲の姿から、子どもたちが内に秘められた力を発揮して、未来に向かって羽ばたいていくことを願っています。

写真:向井 崇

管理者兼児童発達支援管理責任者

向井 崇(臨床発達心理士)

私は「子ども達一人ひとりの障害特性を理解した放課後デイを作りたい」という思いから、カリタス翼を立ちあげました。カリタス翼は、「共に生きる」を理念に、子ども達一人ひとりのちがいを理解し、認め、手を取り合って共に歩んでいくことを目指します。

写真:スタッフ

スタッフ

保育士、大学や大学院で心理学や福祉をを学んだ者、児童福祉関連職種の経験者などが、お子様の成長をサポートさせていただきます。

写真:ボランティア募集

〒113-0021 東京都文京区本駒込5-4-4-4F
TEL 03-3943-1727
FAX 03-5981-8282

放課後等デイサービスカリタス翼 担当:向井

MAIL
メールは
こちらへ

カリタス翼ボランティア募集

主に発達につまずきや遅れのある子どもたちが、障がいに関わらず自分らしく生きていけることを願って、放課後や余暇活動において安心して過ごす為のお手伝いをしていただいています。子どもたちと一緒に遊んだり、調理やお買い物などの体験や勉強のサポート、教材作り等の子どもたちを迎える為の準備などの活動があります。

*カリタス翼でのボランティアをご希望の方は、右記までご連絡ください。

Q&A

Q:文京区以外の人も使えますか?
A: はい、ご利用いただけます。まずは、ご連絡ください。
Q:必要な時に利用できますか?
A: 基本的に、当施設では曜日を固定してご利用頂いております。
Q:夏休みだけ利用することはできますか?
A: お子様をしっかり理解して関わらせていただくために、夏休みだけのご利用はご遠慮いただいております。
Q:行事はありますか?
A: 毎年夏に、2泊3日の宿泊体験プログラムである「夏合宿」を行っています。 そのほか、卒業生を送る「修了式」などがあります。
Q:身体障がいがあっても利用できますか?
A: 建物内が完全にバリアフリー対応となっておりません。ご見学の上、お子様がご利用可能かどうかご判断ください。
Q:医療のサポートが必要ですが、利用できますか?
A: 原則として当施設で医療行為をすることはできません。医療のサポートが必要な方は、重度心身障害対応の放課後等デイサービスをご利用した方が良いと思われます。詳しくは、在住区の担当者とご相談下さい。
▲ 画面トップへ